<   2017年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

新商品:コーヒースパイス 「サマーブリーズ」

d0153799_11264323.jpg




「キャラウェイを使ったコーヒー、どうですか?」
コーヒーキャラウェイの芦川さんからメールがきました。

面白そう!!!!!
二つ返事でとびつきました。

芦川さんの”キャラウェイ”のイメージを伺って、
それに沿うスパイスを調合していきます。

キャラウェイはそれだけだと、
クミンのような、いわゆる”食”イメージの強い香りになってしまい、
コーヒーと合わせるのはすごく難しい。
だけれども、キャラウェイ持つ香りのうち、
この部分はコーヒーと合う、
という「この部分」を惹き立ててくれる他のスパイスを加えることで、
合わせられるようになります。

これは、どのスパイスでも、どのお料理でも言えることだと思う。
だから、単独同士で使って相性のよくないものはあるけれど、
基本的に”タブー”はないと思っています。



d0153799_11265982.jpg


こうしてできたキャラウェイ入りのコーヒー用スパイス
「サマーブリーズ」
夏にすっと通る風のような、爽やかな香りです。
キャラウェイさんの店頭やネットショップでお求めいただけます。


また、キャラウェイさん店頭では、このサマーブリーズを使って、
コーヒーソーダが飲めるそうです!
おいしそう、、、、!



d0153799_11271172.jpg



そして、新刊「日常づかいのシナモン・レシピ」のイベントでは、
キャラウェイ芦川さんがシナモンのきいたスパイスコーヒーを淹れてくれます。
詳細・お申込みはこちらまで、、、、→

[PR]
by croisement | 2017-06-13 11:28 | OEMオリジナル商品 | Comments(0)

ネットショップを再開します

d0153799_15413868.jpg
ようやく解禁です。
4月から試作を繰り返してきたオリジナルのスパイス商品を販売します。
これまでのものと、あたらしいものと、
同じ名前でも中身が変わったものがあります。


d0153799_15500882.jpg


あたらしいスパイスは、
・きほんの角煮スパイス
・きほんのピクルススパイス
・ペッパースパイス四川
・ペッパースパイスフレンチ
・ペッパースパイス南インド

前(や前の前、、、)に、同じ名前で販売したことがあるスパイスも、
今回私がより美味しいと感じるあたらしい調合に変えました。
・きほんの焼き菓子スパイス
・ハーブソテースパイス
・ひとつまみ緑


ラベルにはレシピや使い方をのせていますので、
プレゼントにもどうぞ!
といいつつ、ギフトの仕様は今最終段階。
すこしお待ちを、、、またご案内します。

お茶系はもう少しまってくださいね。
また追々色々アップします。


スパイスと本が一緒に欲しい(送りたい)、という声もあったので、
本も買えるようにしました。
(本だけ買う人は、送料のかからないAmazonがお得です。)



そして、新商品「スパイスミル」。
シンプルで、リーズナブルで、挽きやすいものをずっと探していたのですが、
ようやく見つかりました。
これなら、いくつか買って、キッチンに並べられますね。
ショップの商品なら、
ペッパースパイス四川
ペッパースパイスフレンチ
ペッパースパイス南インド
は、このミルに入れてちょうどいい量で販売しています。
そのほか、岩塩も挽けますよ。


諸々、詳しくはまた時間ができたときに、、、、













[PR]
by croisement | 2017-06-12 15:53 | atelierCROISEMENTの商品 | Comments(0)

日沼紀子×サラーム海上 「シナモンから見えてくる、スパイスの奥深い世界と楽しみ方」 『日常づかいのシナモン・レシピ』(産業編集センター)刊行記念

d0153799_16201239.jpg
さてさて!いよいよ告知!
6月14日発売の著書「日常づかいのシナモン・レシピ」。
発売ももうすぐですが、刊行記念イベントを行います!!!!!!
対談!
おつきあいくださるのは、中東料理研究家/ライター/DJである、サラーム海上さん。

そして、特別ゲスト!
祐天寺の「コーヒーキャラウェイ」店主芦川さんが、
シナモンを使ったスパイスコーヒーを淹れてくださります!!

場所は、
エッジの効いた企画をいろいろとされている、
下北沢の書店B&Bさん。

私にとって、嬉しいことしかないこの企画!!
7月8日(土) 15:00~です!

告知ページ&参加のお申込みはこちら↓




どんな地域で、どんなスパイスが使われているのか、
ミックススパイスにはどんなものがあるのか、
スパイスの勉強をしていると、否応なしに世界の食文化にたどり着きます。

スパイスに特化する場合、
情報収集に使う本の多くは海外文献になってしまいます。
海外文献は、言語の未熟さと未知の情報のせいで、
どうしても読み解ききれないことがあり、
中東料理の参考書として見ていたのが、
サラーム海上さんの「おいしい中東」でした。
この本を開くとキーやヒントが見つかって、「こういうことか!」となります。
vividな中東料理の表現が魅力的で、何度も繰り返し読みました。

そのサラームさんとの対談!
このお話をいただいたとき、私が小躍りしてしまったのは言うまでもありません!
今回は、現地のミックススパイスを持ってきてくれるそう!


そしてキャラウェイ芦川さん。
コーヒースパイスというあたらしいテーマをくださった方。
この企画は本当に面白く、いつもスパイスの以外な一面が見える。
鼻や味覚の敏感な芦川さんの意見に毎回刺激をもらいながら、
わくわくと挑みます。
今回も、新商品がでたばかり!(それについてはまたのちほど、、、)


尊敬する方々とご一緒できるこの企画、
具現化してくださった産業編集センターの松本さん、改めてありがとうございます!












[PR]
by croisement | 2017-06-08 06:17 | イベント | Comments(0)

ウエディングブーケ

d0153799_22065807.jpg


大切な友人のひとりが、この季節に式を挙げることになり、
パーティーの参加者へのプレゼントにお茶を、とのリクエストをくれました。
こういう形で参加できるのは、とっても嬉しい。
冥利につきます。

お二人の爽やかなイメージと、”ジューンブライド”のこの季節らしいお茶を。
白いベースに、ところどころ赤や緑が混ざります。
香りは、フラワリー且つレモニーに。
そしてパッケージはチャーミングに。


d0153799_22070345.jpg




式のあと送ってくれた、幸せ満開の写真に、思わず涙。
おめでとうおめでとう!



*****************
水出しでもおいしいこのお茶、
最近の我が家の冷蔵庫に常備されています。








[PR]
by croisement | 2017-06-06 22:08 | OEMオリジナル商品 | Comments(0)

ただいま、再见、bonne journée!

さいたま新都心は、整備されたきれいな街で、
街路樹や公園など、木や植物を身近に感じられる場所が多くありました。
「街のなかの緑」独特の匂いがします。
今、私が住んでいるところにあるような、生粋の?緑には感じない、
ちょっと甘さをはらんだ、ナイーブな匂いです。

住んでいた頃はこの「街の匂い」に慣れず、
カレンダーの日付と匂いが一致しなくて、
何かがずれたような気分のまま1年、そして次の1年と過ごしていました。

今回の旅で、この、初夏の甘い匂いを、予期せず唐突に嗅ぐことになり、
はじめて、この匂いに季節を感じたのでした。
あちこち転々としたとはいえ、”街”に住んだ10年は、それなりに長かったのですね。
「街のなかの緑」は、この季節の匂いとして、
いつの間にか私の鼻に定着していたのです。

ただいま、
再见、
bonne journée!
いろんな記憶の切れ端が見え隠れします。
ちょっと立ち止まって振り返り、また前を向いて歩きました。









[PR]
by croisement | 2017-06-05 09:09 | エッセイ | Comments(0)


スパイス調合家/スパイス料理家 日沼紀子のブログ


by croisement

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

イベント
ワークショップ
atelierCROISEMENTの商品
OEMオリジナル商品
料理、レシピ
その他のお仕事
出版物、雑誌掲載、web掲載等
お知らせ
スパイスのこと
日々おもうこと
いろいろ
過去のcafe blog
エッセイ

最新の記事

冬の独断ティー
at 2017-11-30 22:48
冬の独断スパイス
at 2017-11-30 22:36
スパイス行脚予定(スケジュー..
at 2017-11-22 16:42
人と文化の交差、そしてラテン高知
at 2017-11-15 09:51
こうしてまたすきな場所が増える
at 2017-11-08 22:45